検索
  • 和男 下川

作業日誌

最終更新: 2月11日

【2021/02/10】登録者(284名)に主な不明者一覧を公開。登録308名、連絡済み160名。

【2021/01/26】丸善雄松堂イーストより告知を開始。登録210名、連絡済み121名。

【2021/01/18】情報処理学会メールニュースで配信され12名にご登録いただく。

【2021/01/06】三井斌友先生より77名の情報を頂き、メールおよび手紙を送信。

【2020/12/31】登録114名、連絡済み(不達メールを除く)100名

【2020/12/30】bit小山元編集長からの情報で約100名にメール連絡。

【2020/12/28】bit浦山元編集長から最終号時代のメルアド、竹内先生から「bitお別れ会」参加者名簿など140名にメール。不達90通。

【2020/12/25】早大山名先生より10名のメルアドをいただく。

【2020/12/22】NII高野先生より33名に連絡していただき、19名に登録していただく。

【2020/12/16】竹内郁雄先生とZoom会議。概要や背景などご説明し賛同を得る。

【2020/12/15】慶應 村田真先生に相談し、竹内先生、萩谷先生、柴山先生、湯浅先生、吉川先生に連絡していただき、登録していただく。

【2020/12/10】共立出版より、記事数が多い著者の連絡先(住所)を教えていただく。目次と著者の一覧は国会図書館のサイトで公開されているものを取得。bitは高精度で入っていた。月刊『bit』で12000件ほどの記事を、著者で名寄せし、記事数順著者リストを作成。

【2020/12/09】記事を100本以上執筆された高橋三雄先生から「日本マイコンクラブ」の名簿などを入手。

【2020/11/30】NII高野先生、インプレス井芹さんの助言を受け、正式に「技術雑誌 電子復刻」サイトを公開。

【2020/11/17】BCN奥田社長が来社され、別件でインタビューを受ける。別れ際に電子雑誌 電子復刻の話をしたら、「コンピュートピア」「情報科学」の版権所有者が判明し、本が入手できれば、復刻して欲しいとの依頼を受ける。

【2020/11/17】共立出版 南條社長、潤賀部長を訪問。『bit』が合本で2セット保管されており、1セットの裁断スキャンが可能。「電子復刻 基本契約書」を締結。

【2020/09~/11】角川アスキー総研、CQ出版(インタフェース、トランジスタ技術)、技術評論社、翔泳社、日経BPなどと電子復刻の交渉。

【2020/10/10】元アスキー編集長 吉崎さんの東青梅「夢の図書館・マイコン博物館」をアスキー遠藤さん、佐野先生、ABIT檜山さんと訪問。大量の雑誌やPCを拝見する。

【2020/09/18】会社に置いてあった私が記事を書いた古いパソコン雑誌を処分しようと思い、Facebookに写真をアップしたら、明治大学 佐野研究室(科学技術史)の中島さんから「ああーなんか研究に必要そうな感じ。。。」とのコメントをもらい、「電子復刻」で3000冊ほど復刻させたので「出来るかも?」と考えはじめる。

231回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「技術雑誌 電子復刻」プロジェクトに寄せて( 井芹昌信:アドバイザー)

私は、1980年にASCII誌のアルバイト募集を見たことがきっかけで、出版という立場でパソコン、インターネットの進展を共有することになりました。日本のハードウェアが世界をリードしていた80年代には、電車の中でCPUの型番やメモリの容量自慢をする会話が聞こえてきたものです。それらの情報源になっていたのが技術雑誌でした。当時の記事や広告を読み漁った方々が、その後のIT業界を切り開いて行かれたように思い

多くの若者に刺激を与えた技術雑誌 (田丸健三郎:日本マイクロソフト NTO)

今日ブラックボックスのように隠蔽されている様々な基本技術が当時は新しく、刺激的であり、多くの人の興味を掻き立てるものでした。現在活躍している技術者の多くが何らかの形でこれらの技術雑誌の影響を受けたのではないでしょうか。私の場合、日本電気のTK-80にはじまり様々なハードウェアに触れ、そして技術雑誌で紹介された内容を試し、作るなどチャレンジした末に米国に渡り、今日多くの方々に使用いただいているソフト

「電子立国」を支えた技術雑誌 (岡田大士:中央大学)

新しい技術やそれを用いた製品・サービスは、ある種の熱気を帯びた「ブーム」として大衆社会に導入されてきます。そのブームを支えたのが技術雑誌でした。 「ブーム」初期段階に登場した雑誌には当該技術・サービス分野において担い手となる人物が執筆者として登場し、新技術に対する期待が紙面に盛り込まれました。雑誌の刊行が進むにつれ、さらなる新技術への期待が新たな記事として紙面を飾りました。初期の執筆者の中にいた青

techmag.jpg