検索
  • 事務局

「技術雑誌 電子復刻」プロジェクトに寄せて( 井芹昌信:アドバイザー)

私は、1980年にASCII誌のアルバイト募集を見たことがきっかけで、出版という立場でパソコン、インターネットの進展を共有することになりました。日本のハードウェアが世界をリードしていた80年代には、電車の中でCPUの型番やメモリの容量自慢をする会話が聞こえてきたものです。それらの情報源になっていたのが技術雑誌でした。当時の記事や広告を読み漁った方々が、その後のIT業界を切り開いて行かれたように思います。

テクノロジーはそれ以前のテクノロジーの組み合わせでできることが多いので、その継承は極めて重要だと考えます。今回、下川さんから「技術雑誌 電子復刻」プロジェクトの話を聞いたとき、その意味からも社会的にすばらしい企画だと思い、応援させていただきたいと思ったしだいです。

p.s.

なお、私が創刊編集長を務めましたインターネットマガジンにつきましては、著者の皆さまのご協力を得て、2007年から社会資産としてネット上に無料公開していますので、今回はエントリーしていないことを付記させていただきます。


株式会社インプレスホールディングス 主幹 井芹昌信

90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

作業日誌

【2021/02/10】登録者(284名)に主な不明者一覧を公開。登録308名、連絡済み160名。 【2021/01/26】丸善雄松堂、イーストより告知を開始。登録210名、連絡済み121名。 【2021/01/18】情報処理学会メールニュースで配信され12名にご登録いただく。 【2021/01/06】三井斌友先生より77名の情報を頂き、メールおよび手紙を送信。 【2020/12/31】登録114

多くの若者に刺激を与えた技術雑誌 (田丸健三郎:日本マイクロソフト NTO)

今日ブラックボックスのように隠蔽されている様々な基本技術が当時は新しく、刺激的であり、多くの人の興味を掻き立てるものでした。現在活躍している技術者の多くが何らかの形でこれらの技術雑誌の影響を受けたのではないでしょうか。私の場合、日本電気のTK-80にはじまり様々なハードウェアに触れ、そして技術雑誌で紹介された内容を試し、作るなどチャレンジした末に米国に渡り、今日多くの方々に使用いただいているソフト

「電子立国」を支えた技術雑誌 (岡田大士:中央大学)

新しい技術やそれを用いた製品・サービスは、ある種の熱気を帯びた「ブーム」として大衆社会に導入されてきます。そのブームを支えたのが技術雑誌でした。 「ブーム」初期段階に登場した雑誌には当該技術・サービス分野において担い手となる人物が執筆者として登場し、新技術に対する期待が紙面に盛り込まれました。雑誌の刊行が進むにつれ、さらなる新技術への期待が新たな記事として紙面を飾りました。初期の執筆者の中にいた青

techmag.jpg