検索
  • 事務局

『bit』執筆者からのメッセージ(抜粋)

最終更新: 3月10日

  • 趣旨に大いに賛同します。ご苦労さまですが、よろしくお願いします。

  • 竹内郁雄先生からお知らせをいただきました。有意義なプロジェクトと思い賛同します。

  • bitは、増刊なども含めて全部復刻されると良いと思います

  • とても素晴らしい取り組みだと思います。応援しています。

  • 大変結構なプロジェクトですね。どうぞどんどん(他雑誌、関連分野にも)広めて下さい。

  • いろいろと難しい点も多々あるかと思いますが、頑張ってください!

  • 刊行を楽しみに待ちます。

  • 書いた気がしますが、不明です。申し訳ありません。主旨には賛同いたします。

  • 大変喜ばしいことです。自分の記事が掲載されたbitがデジタル化されることを楽しみにしています。

  • ぜひI/Oも復刊してください!

  • 素晴らしいご企画です。大いに賛同します。

  • bit などには今でも貴重な情報が満載と思うので、復刻を心待ちにしています。

  • bitの電子化はいろんな意味で大切だと思います。よろしくお願い申し上げます。

  • bitの電子復刻を応援します.

  • ビット悪魔の辞典を竹内郁雄さんと一緒に企画し,第1号を私が書き,その後数回竹内さんと隔月で執筆しました.あの連載が復活するのはうれしいです.

  • bit を多くの方に読んでいただけるようになる事は大変喜ばしい事です.どうもありがとうございます.

  • 素晴らしい〜です。 Unix Magazineもやってください。

  • 有用な企画,ありがとうございます.若手にも紹介しておきます.

  • 新年早々ビッグなお知らせですね.益々のご繁栄を祈っております.新時代を築いて下さい.

  • お役に立つのであれば、どうぞご利用ください。質問等には対応できません。

  • 昔の雑誌が電子形式で閲覧できるようになるのは、大変良いことだと思います。

  • よろしくお願いします。進捗など時々お伝えくださればありがたいです。

  • 「bit」,懐かしいですね.学生時代に愛読しました.

  • 大変興味のある企画だと思います。世界との差は、当時はそんなになかったのに現状を憂えています。

  • 広く世の中の役に立つことを、期待しております。

  • プロジェクトに感謝してます

  • 大変な作業かと。頑張ってください。

  • 私の記事はともかく,この企画はすばらしい.

  • 非常に賛同します! 是非実現してください

  • すばらしい企画だと思います。

  • よく、私が探し出せましたね。(注記:地球の裏側に在住の先生から)

  • 期待してます。よろしくお願いします

  • 良いことだと思います。よろしくお願いします。

  • 素晴らしいプロジェクトと思います。折角のリソースですので、これからの科学技術を担う若い世代が参考にし易いよう、出来ることなら Open Access で閲覧できる形が良いですね。今後の発展&進展を大いに期待しております。

  • 若き日の稚拙な内容で大変恐縮ですが、多少なりとも何かのお役に立てたら幸いです。

  • たいへんな事業をお引き受け頂き、ありがとうございます。復刻された折には、お知らせください。推薦図書として告知等、致します。

  • 大賛成です。是非、頑張ってください。

  • 良い企画だと思い、賛同いたしました。

  • 電子化することは、時間・空間・費用の面で技術継承に役立ちますので、推進してください。

  • 電子化賛成いたします.なにかのお役にたてば、ぜひお使いください

  • 減価償却が見込めるぐらいの将来(10年後程度?)には,Open Accessになってほしいです

  • 科学技術の発展に少しでもお役に立てれば幸いです。

  • 技術情報(内容だけでなく、その発達・衰退の経緯を含む)を後代に残すことは大変重要と考えます。直接にはお手伝いできませんが、事業の玉成を祈念しております。

  • 懐かしですね。今は亡き東大の石田晴久先生とご一緒させていただきました。

  • 有益だと思います,よろしくお願いします.

  • 壮大な企画で、成功していただきたいです。

  • 電子復刻、昔書いたものが再び見れるのは嬉しい限りです。

  • 過去の著作物の電子化は重要なことだと考えていますので、協力させていただきました。

  • すでに定年退職しており、半世紀前のこととてビックリです

187回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「技術雑誌 電子復刻」プロジェクトに寄せて( 井芹昌信:アドバイザー)

私は、1980年にASCII誌のアルバイト募集を見たことがきっかけで、出版という立場でパソコン、インターネットの進展を共有することになりました。日本のハードウェアが世界をリードしていた80年代には、電車の中でCPUの型番やメモリの容量自慢をする会話が聞こえてきたものです。それらの情報源になっていたのが技術雑誌でした。当時の記事や広告を読み漁った方々が、その後のIT業界を切り開いて行かれたように思い

作業日誌

【2021/04/15】月刊『bit』電子配信スタート 登録の581名にデモサイトを公開。 【2021/03/17】MeLより入稿混雑により3月末開始が難しいとの連絡あり。 【2021/03/08】年末に記事数が多い方から開始した執筆者調査が1記事の方まで完了。 トップ頁に「OpenAccess」、著者頁に利益が出た場合、他の技術雑誌復刻を追記。 【2021/03/01】登録者が400名を超える。

多くの若者に刺激を与えた技術雑誌 (田丸健三郎:日本マイクロソフト NTO)

今日ブラックボックスのように隠蔽されている様々な基本技術が当時は新しく、刺激的であり、多くの人の興味を掻き立てるものでした。現在活躍している技術者の多くが何らかの形でこれらの技術雑誌の影響を受けたのではないでしょうか。私の場合、日本電気のTK-80にはじまり様々なハードウェアに触れ、そして技術雑誌で紹介された内容を試し、作るなどチャレンジした末に米国に渡り、今日多くの方々に使用いただいているソフト

techmag.jpg